交通事故の示談交渉は弁護士に任せるのが得策です

裁判を面倒だと考える被害者へ


交通事故による被害にあった場合でも、できれば裁判は起こしたくないと考える人が大半です。
刑事責任は別にして、民事上の責任を問う方法として裁判を利用するか否かは個人の判断に任されています。
裁判を起こすということになれば、それなりに費用がかかりますし、手間や時間もかなりかかります。
ただでさえ怪我をして不自由な思いをしているところに持ってきて、そのような面倒まで背負い込みたくないと考える人が非常に多いです。
ですので、被害者のほとんどは示談交渉による解決を希望します。
しかし、この方法を個人が選択することは、まさに保険会社の思う壺だと言うことができます。

保険会社の術中にはまらないために

 個人が弁護士も付けずに示談交渉の場に臨んできた場合というのは、保険会社側からすると、裁判を起こされる心配が全くないので、非常に好都合です。
たとえ、裁判基準よりもはるかに低い損害賠償金の額を提示したとしても、裁判を起こしてまで、その金額を上げてもらおうとする人は滅多にいません。
裁判を起こしたくないからこそ、最初からその方法を選択しているということができますので、保険会社側がかなり強硬な態度に出てくる可能性が高いです。
たとえ提示額が低すぎて全然納得することができなかったとしても、簡単には値上げ交渉に応じてくれません。
交渉が長引くにつれて疲れてしまいますので、多くの被害者が途中で泣き寝入りしているのが実情です。

保険会社対応はプロに任せるのがベスト

 しかし、その示談交渉の段階から弁護士に依頼していると、様相が大きく変わってきます。
弁護士がついていれば、話し合いが決裂した場合に訴訟を提起されることが予想されますので、保険会社側も慎重に対応するようになります。
裁判となれば、保険会社側もその費用がかかることになりますので、なるべく裁判は避けたいのが本音です。
ですから、裁判にする前の段階で、高額提示を引き出すことが可能になります。