交通事故の示談で正当な補償を受ける方法

交通事故裁判には刑事と民事がある

交通事故の被害者が死亡してしまった場合でも、その民事上の責任は示談で決めることができます。
もちろん、刑事責任の方は裁判で決めなくてはなりませんが、損害賠償金額は当事者間の話し合いで決めることが可能です。
家族を交通事故で失ってしまった遺族は、大きな精神的ショックを受けていますので、裁判など起こす気力もないというケースが少なくありません。
それをよいことにして、本来受け取れるはずの金額よりも、かなり低い金額の賠償金を提示してくる保険会社が非常に多いです。
保険は、被害者の救済のために存在しているものですが、保険会社も営利企業ですので、自社の負担をなるべく低く抑えたいと考えています。
そうしないと、会社としての利益をあげることができないからです。

民事裁判で争うべきは損害賠償金額

 保険会社の担当者は交通事故処理のプロですので、加害者側に有利な証拠ばかりを羅列して示談の合意を迫ってくることが多いです。
被害者が生きていればまだ反論可能ですが、死人に口なしですので、いいように言いくるめられてしまう可能性があります。
しかし、対抗策が全くないわけではありません。
警察が事故状況を記録した刑事記録を取り寄せることによって反論の緒を見つけることが可能ですし、目撃情報を収集するという方法もあります。

専門弁護士が正当な補償を勝ちとります

 いずれの方法も、専門的な知識やノウハウを有していない個人が行うのは大変ですので、信頼できる弁護士に依頼するのが一番です。
経験豊富な弁護士がついていれば、逸失利益の算定や、遺族が受けた心の傷を癒す慰謝料の算定などをきちんと行って、本来受け取るべき金額を請求することができるようになります。
これは、遺族にとって当然の権利ですので、遠慮する必要はありません。
黙っていても、十分な補償をしてもらえるのが一番望ましいですが、現実的にはなかなか難しいので、専門家のサポートを受けるのが得策です。