交通事故専門弁護士が回答する裁判の疑問・トラブルの難問

弁護士のサポートを受ければ満足のいく交通事故補償を受けることができます

交通事故の本当の恐ろしさ

交通事故の恐ろしさは、その事故によって生活が一変してしまう可能性がある点だと言われています。
事故を起こした責任を問われることになる加害者はもちろんのこと、事故による怪我が原因で従来通りの生活を送れなくなってしまう被害者が、非常に多いのが実情です。
事故直後にしばらく入院することになっても、完治することができれば、休業補償や治療費の補償を受けるだけで済ませることが可能です。
しかし、実際には深刻な後遺障害が残ってしまうケースがかなりあります。

後遺障害がいちばん怖い

場合によっては、一生涯、他人の介助なしには生活できなくなってしまうようなこともあります。
そこまでいかなかったとしても、怪我のために従来の仕事には復帰できなくなってしまうようなこともあります。
ですので、その補償はきっちりとしてもらう必要があります。

満足できる損害賠償金を得るために

しかし、怪我の症状を正確に反映した適正な後遺障害等級の認定を受けることができなければ、満足のいく損害賠償金を勝ち取ることはできません。
この後遺障害の等級認定は、医師が作成した診断書を元にしてなされます。
なので、お医者さんに任せておけば大丈夫だろうと考える人が多いのですが、実はそうとは言い切れない部分があります。
等級の認定を受けるために必ず記載しておくべき事項などの知識を医師は持っていませんので、診断書の書き方一つで結果が大きく変わってくる可能性があります。

プロの専門弁護士が頼りになります

そのような時に頼りにすることができるのが、交通事故案件を取り扱った経験を豊富に有する弁護士です。
弁護士から医師に話してもらうことによって、後遺障害の認定を受けやすい形の診断書を作成してもらうことが可能になります。
別に虚偽の診断書を作成してもらうわけではありませんので、何の問題もありません。
ほんの些細なポイントを抑えておくだけで、示談交渉や慰謝料請求等を有利に進めることができるようになります。
交通事故の際には、まずは臼井法律事務所に御相談下さい。

新しい記事

  • komattawa220

    交通事故の示談で正当な補償を受ける方法

    交通事故裁判には刑事と民事がある 交通事故の被害者が死亡してしまった場合でも、その民事上の責任は示談で決めるこ …

    続きを読む...

  • egaodawa220

    交通事故の示談交渉は弁護士に任せるのが得策です

    裁判を面倒だと考える被害者へ 交通事故による被害にあった場合でも、できれば裁判は起こしたくないと考える人が大半 …

    続きを読む...

  • kurumadawa220

    交通事故の示談を急がなくて済む方法があります

    万一、世帯主の死亡事故が起こった場合 交通事故によって、一家の生計を担っていた大黒柱の命が失われてしまうような …

    続きを読む...

  • nozoiteru220

    交通事故によって家族が死亡した場合に弁護士に依頼できる業務

    交通事故に巻き込まれた家族のために 交通事故によって、ある日突然大切な家族の命が奪われてしまうことがあります。 …

    続きを読む...

交通事故の専門HP

交通事故 弁護士事故に遭ってしまったけれど、「賠償金」「慰謝料」はどうすればいいの?そんな疑問にお答えします。